社協について

社会福祉協議会(社協)とは?

共に生き 共につくる 福祉社会を目指して/1.地域に信頼される社協づくり/2.住民主体による地域福祉の推進/3.ご利用者本位の福祉サービスの提供共に生き 共につくる 福祉社会を目指して/1.地域に信頼される社協づくり/2.住民主体による地域福祉の推進/3.ご利用者本位の福祉サービスの提供

私たちは、皆さんの生活を支えるサポーターです。

社会福祉協議会(以下、社協)では、
「共に生き 共につくる福祉社会を目指して」という理念のもと、
上越市民の方々の各種相談の受付や、高齢者の方々、障がいを抱えている方々のお困りごとの解消など、
誰もが暮らしやすい街づくりに努めています。

例えばこんなときに頼ってください
お仕事があるので、
日中、母のお世話をしてくれるサービスを受けたい
お近くの居宅介護支援事業所を紹介いたします。
詳しくはこちら
父の物忘れが多くなってきたので、
福祉サービスの手続きや日々の金銭管理などを手伝ってもらえるサービス
はありませんか?
日常生活自立支援事業をご紹介いたします。
詳しくはこちら
ボランティア活動をはじめたい!
でもどうスタートしたらいいの?
ボランティアをされたい人、
ボランティアの力を求めている団体・施設をマッチングします。
詳しくはこちら

理念

わたしたちの基本理念

『共に生き 共につくる
福祉社会を目指して』

~いつまでも住み慣れた地域で
心豊かな健やかで生きがいのある生活を~

わたしたちの基本目標

一、誰からも信頼される社協づくり
一、住民主体による地域福祉の推進・拡充
一、利用者本位の福祉サービスの強化

わたしたちの行動理念

『あなたを独りにはしない』

わたしたちの基本方針

一、愛のある仕事をやり抜き通す人財になります
一、汗をかく仕事で福祉社会創りの発信者、体現者になります
一、あなたの自立・幸せをとことん応援する集団になります

社協概要

上越市社協では現在、本所及び14支所を配し、統一的な事業と地域の特性を活かした活動を展開し、地域福祉の推進を図っています。

名称社会福祉法人上越市社会福祉協議会
設立昭和26年5月29日
法人化昭和43年4月23日
役員等理事19名、監事2名、評議員39名
(令和3年4月1日現在)
所在地〒943-0806
上越市木田新田1-1-3(上越総合福祉センター内3階)
電話025-526-1515(代表)
FAX025-526-1230
E-mailjsk-jouetu@jouetushisyakyo.jp

沿革

昭和26年5月26日任意団体「高田市社会福祉協議会」設立
昭和29年10月1日任意団体「直江津市社会福祉協議会」設立
昭和40年9月24日「高田市社会福祉協議会」社団法人格取得
昭和41年9月7日「直江津市社会福祉協議会」社団法人格取得
昭和43年4月23日高田市社会福祉協議会「社会福祉法人」登記
昭和48年4月1日「社会福祉法人高田市社会福祉協議会」と「社団法人直江津市社会福祉協議会」が合併。
名称を社会福祉法人上越市社会福祉協議会とする。
昭和50年5月1日「老人福祉センター春日山荘」開設、運営
昭和51年 善意銀行(ボランティアセンター)開設
平成元年4月1日在宅ボランティアサービス事業開始

(事業型社協への方向転換)

平成3年4月1日「地域福祉センター上越総合福祉センター」受託運営
・老人デイサービス受託運営
・身障デイサービス受託運営
平成5年4月1日ホームヘルパー事業受託運営
平成6年1月5日「デイホームひだまり」受託運営
平成6年4月1日ホームヘルパー100人体制
平成7年4月1日「デイホーム津有」受託運営
平成8年4月1日「デイホームやちほ」受託運営
平成9年4月1日「福祉の店パレット」運営
ふれあいのまちづくり事業指定
平成10年4月1日「デイホーム有田」受託運営
平成11年10月1日地域福祉権利擁護事業受託運営
シニアサポート事業受託運営
平成12年4月1日居宅介護支援事業所・訪問介護事業所開設経営
通所介護事業所毎日開設

(介護保険スタート・福祉六法改正)

平成12年7月1日「デイホーム古城」受託運営
平成13年4月1日通所介護事業所「上越総合福祉センターデイサービス」「デイホームひだまり」「デイホーム津有」「デイホームやちほ」「デイホーム有田」「デイホーム古城」の経営
平成14年4月1日精神障がい者ホームヘルプ事業
平成15年4月1日身体障がい・知的障がい・児童居宅介護、身体障がい者デイサービスの経営
産後ヘルパー派遣受託

(支援費制度スタート)

平成16年12月28日上越地域13町村社協を編入合併
平成17年9月社協あり方検討内部委員会設立

(改正介護保険法施行・障がい者自立支援法施行)

平成18年4月1日公設の29施設の指定管理者として事業を経営
平成18年10月1日相談支援事業(総合相談支援センター)受託
有識者による社協あり方検討委員会設置
平成21年4月1日主たる事務所を上越市寺町地内の上越市福祉交流プラザ内に移転
平成22年6月1日通所介護・短期入所生活介護施設「いこいの里あさひ」開設
平成23年4月1日上越南支所、上越北支所を設置
平成24年8月1日通所介護・短期入所生活介護・認知症対応型共同生活介護施設「安塚やすらぎ荘」開設
平成25年3月31日通所介護施設「デイホームひだまり」「デイホーム津有」「デイホーム古城」「吉川デイサービスセンターうぐいすの里」の4施設事業廃止
平成25年4月1日15の指定管理施設を上越市から譲渡
平成26年4月1日「板倉ふれあい工房」運営
平成27年4月1日「上越障害者相談支援事業所」開設
平成30年11月19日デイサービスセンター「謙信高志の里」開設
令和元年4月1日指定共同生活援助「柿崎ふれんどり~ホームうらはま」開設
主たる事務所を上越市木田新田地内の上越総合福祉センター内に移転
上越南支所、上越北支所を統合し「上越支所」を設置
令和元年10月1日ショートステイ「謙信高志の里」開設
令和3年4月1日生活介護事業「ふれんどり~ライフよしかわ」開設

会員募集

会員募集のイメージ写真

社会福祉協議会は、地域の皆様のご理解とご参加により、住民主体の地域福祉活動を推進している自主性をもった公共性の高い民間の組織です。
社会福祉協議会では、一人でも多くの方に会員として地域福祉活動にご参加いただき、
「共に生き 共につくる福祉社会」を理念として、
「誰もが安心して暮らせる心豊かな地域社会づくり」を目指しています。

普通会員

対象 :地域住民(世帯)
会費 :年額600円

賛助会員

対象 :個人、民生委員・児童委員、
福祉推進員(町内会長)の皆さま
会費 :1口 1,000円 (2口以上)

団体会員

対象 :事業所等
会費 :1口 1,000円
※5口以上の申し出口数

会費の活用について

会員の皆様より頂いた会費は、社協運営の大切な財源であり、社協が行う高齢者や障がいのある方などへの支援をはじめ、各種地域福祉活動の推進に活用させていただいております。